ガスとガス器具

ガス

ガスは住む地域によって種類が違います。ですが、どの種類でも取り扱いに注意が必要です。
ガスがもれないように、そして換気に気をつけて正しく使ってください。
調理のときには必ずレンジフードファンを使ってください。
ガスの元栓は出かけるときなどはきちんと閉めてください。ゴムのホースや安全バンドが老朽化していないかなどもときおり点検をしましょう。

ガスが止まった場合

都市ガスの場合、マイコンメーターが設置されていて、震度5程度の地震や、ガス器具の消し忘れのときなど、自動的にガスの供給をストップしてくれます。
ガスを再び使えるようにするには、以下の手順をふんでください。

  1. ① まず、すべてのガス器具を止めます。ただしマイコンメーターの元栓は開けておきます。
  2. ② マイコンメーターがはたらくと、ランプが赤く点滅します。ボタンのキャップをはずしてボタンをしっかりと押します。
  3. ③ 3分ほどすると赤ランプの点滅が消え、ガスが再び使えるようになります。

ガス器具

汚れたらすぐに拭きとる

ガス器具の汚れは、時間がたつほど取りにくくなってしまいます。
こびりつく前にこまめにふき取ってください。

バーナーはワイヤーブラシで掃除

バーナーの炎口は、ワイヤーブラシなどで掃除してください。
ススなどがたまると、炎が不ぞろいになります。

着火しづらい場合は点火プラグと電池を確認

点火しないときは、点火プラグがぬれていたり、異物がついていることがあります。
乾いた布などでふき取ってください。また、電池が消耗していると点火しにくくなります。
2年に1回は電池を取り替えるようにしてください。

  • 空室情報
  • 会社情報
  • 採用情報
  • スタッフブログ
  • instagramはじめました