床のお手入れ

カーペット

家具の跡にはスチームが効果的

スチームアイロンが便利です。蒸気を当てながら、ブラシでパイルを起こしましょう。
アイロンを直接カーペットに付けないようにご注意ください。

シミがついたらすばやく処理を

お茶などをこぼしたときには、まずティッシュや乾いた布で吸い取ります。
その後で、種類別にシミ抜きをしましょう。市販の各種シミ取り剤も便利です。
処置した後は、必ず水分を十分除くようにしてください。

フローリング

日頃のお手入れは乾いた雑巾やモップで

日頃のお手入れは、掃除機などでゴミやホコリを取り除き、乾いた雑巾やモップで拭いてください。
水分を含むと“そり”が生じたり、はがれたりするので水ぶきはできるだけ避けてください。
ワックスをかけると汚れがつきにくく、光沢を保つことができます。

塩ビシート

固く絞った雑巾でふきます

塩ビシートは、キッチンや洗面室、トイレの床などに使われています。
掃除機をかけたあと、固く絞った雑巾でふいてください。
汚れがひどいときは、中性洗剤をうすめたお湯でふきましょう。

熱いものは置かないでください

変形・変色することがあります。また、表面がやわらかく傷つきやすいので、ご注意ください。

水気はカビなどの原因に

ふだんは、掃除機でゴミやほこりを取ってください。
あまり強くこすると傷みますので、畳の目にそってかけてください。
ひどい汚れの場合は中性洗剤で落としてください。
コーヒーなどをこぼしたら、まず乾いた布などで吸い取り、シミになった時はうすめた中性洗剤を乾いた布につけて、畳の目にそってふきます。その後、固くしぼった雑巾で洗剤分を除き、乾いた布でシッカリとふいて水分を取ってください。

白木床

水分はしみの原因に

ふだんは空ぶきしてお手入れしてください。
汚れを防ぐために、白木用ワックスを塗っておくことをお勧めします。
ひどい汚れは白木用漂白剤を使って軽くふきます。
その後、お湯ぶきして漂白剤をよくふき取ってください。

  • 空室情報
  • 会社情報
  • 採用情報
  • スタッフブログ
  • instagramはじめました